就労移行支援事業所等連絡会議

就労移行支援事業所等が抱えている課題の解決に向けて一緒に検討し、支援手法や支援事例等を共有することで、個々の事業所の支援スキルを高めるとともに、ハローワークや宮城障害者職業センター等の労働機関、発達障害・精神障害等についての専門機関や医療機関、生活支援機関等、福祉サービス事業所、特別支援学校、企業等との支援ネットワークを強化し、地域全体の支援力を向上することを目的として行っています。

〜コロナウイルス感染症の影響等に関するアンケートについて〜

仙台市障害者就労支援センターでは、例年「障害者就労移行支援事業所等連絡会議」を開催し、皆様と共に意見交換や情報共有などを行って参りました。
しかし、今年度はコロナウイルス感染拡大防止のため、多数の方にご参加いただく全体会議の開催は見合わせ、規模を縮小し、分科会的な情報交換会等を企画するとともに、ご要望に応じて個別にご対応させていただきたいと思います。
連絡会議では、これまでも皆様からご意見やご要望をいただいておりますが、今般のコロナ禍が各事業所に与えた影響を踏まえた上で、改めて各事業所の現況や皆様のご意見をお聞かせいただき、今後のプログラムを作成したいと考えております。
皆様のご意見をお聞きするにあたり、仙台市と当センターが協働でアンケートを実施することと致しました。

アンケートの実施は終了致しました。

ご協力いただきありがとうございました。
皆様から頂いたご意見を参考にして、コロナウイルス感染対策を講じながらプログラムを作成いたします。
求人情報や市の施設への体験実習(仙台市障害者就労体験実習)におきましては、メーリングリストを通じて、順次ご案内させていただいております。ぜひご活用ください。

集計結果

新型コロナウイルス感染症の影響等に関するアンケート結果pdfアイコン(PDF:0.99MB)